木造アパートと鉄筋マンション 住むならどっち?

マンション
(写真=Thinkstock/Getty Images)

 昭和のイメージが強い木造アパートですが、手頃な家賃で今でも根強い人気があります。木造アパートの賃貸が多いのは吉祥寺、西荻窪、荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺、中野、東中野駅といったJR中央線沿線と、下北沢、三軒茶屋、駒澤大学駅のエリア。東京の東側では北千住、綾瀬、小岩、篠崎駅の周辺です。これらの駅周辺は木造アパートだけでなく、鉄筋コンクリート造のマンションも多いので、住もうとする人にとっては選択の幅が広いエリアといえます。

 一方で、より都心に近いエリアや最近開発の進んだエリアでは、テナントを募集する木造アパートはあまりなく、選択肢も限られます。

 今回は、鉄筋コンクリート造のマンションも木造アパートも数多くあるエリアのなかで、木造アパートと鉄筋コンクリート造マンションの比較を行います。

東京のアパート・マンション事情

 以下の図は、弊社が保有している2014年のデータにもとづき、都内の主要200駅について、駅ごとに賃貸面積と賃料単価の関係をみたものです。薄い色が木造アパート、濃い色が鉄筋コンクリート造マンションです。一つの点が一つの駅周辺の賃料相場を意味します。たとえば、点Aは恵比寿駅の木造アパート、点Bは恵比寿駅のマンション情報です。

例)恵比寿駅周辺のケース
木造アパート(点A):平均賃貸面積は20.6平米、平均賃料単価は4,041円(月額の賃料に換算すると、およそ実額83,000円が平均の目安となります。以下同じ)
マンション(点B):平均賃貸面積は32.8平米、平均賃料単価は4,656円(月額賃料平均、およそ152,600円)

スクリーンショット 2015-04-28 20.08.38

木造アパートは意外と安くない?

 遮音性や耐震性を考えると鉄筋コンクリート造のマンションの方が有利ですが、賃料負担の軽さの点では木造アパートに軍配が上がります。

 集計した200駅全体でみると、賃料相場は以下のようになっています。

木造アパート:平均賃貸面積は24.1平米、賃料単価は3,115円(月額賃料平均、およそ75,000円)
マンション:平均賃貸面積は34.4平米、賃料単価は3,151円(月額賃料平均、およそ108,500円)

 都内で、木造アパートなら月75,000円、マンションなら108,500円が目安になります。その差は33,500円もあります。アパートの方が毎月の負担額が軽いのは実感に合うと思います。

 ところが、賃料単価でみるとそれほどの違いはありません。木造アパートの賃料単価が3,115円なのに対して、マンションの賃料単価は3,151円です。単価で36円の差です。仮に、マンションの34.4平米に合わせると、木造アパートの月額賃料は107,300円になります。マンションと1,000円ほどしか違いません。

 木造アパートだからといって、マンションよりも賃料が割安だとは限らないのです。

個別駅の例

 木造アパートの多い駅の具体例です。どの駅もマンションより木造アパートの方が月額賃料が安いのですが、その大きな要因は賃貸面積が狭いからです。

 

木造アパート

鉄筋コンクリート造マンション

駅名

月額賃料の目安(円)

平均賃料単価
(円/平米)

平均賃貸面積
(平米)

月額賃料の目安(円)

平均賃料単価
(円/平米)

平均賃貸面積
(平米)

高円寺

71,000

3,415

20.87

109,000

3,429

31.93

吉祥寺

74,000

3,232

22.88

107,000

3,654

29.25

北千住

75,000

3,306

22.58

103,000

2,963

34.79

中野

76,000

3,465

21.88

110,000

3,546

30.93

三軒茶屋

76,000

3,419

22.27

116,000

3,949

29.42

西荻窪

76,000

3,055

24.92

107,000

3,347

31.96

阿佐ヶ谷

77,000

3,278

23.57

106,000

3,549

29.86

東中野

78,000

3,773

20.61

119,000

3,559

33.34

下北沢

81,000

3,460

23.33

120,000

3,680

32.64

荻窪

81,000

3,182

25.47

106,000

3,419

31.11

 遮音性や耐震性、防犯性の高さを考えると、しっかりした造りのマンションが有利です。そのためマンションの方がアパートよりも賃料が高いというイメージが強いですし、実際、月額賃料はマンションの方が高く設定されています。しかし、賃料単価でみると、イメージほどには差がないことがわかります。

 引っ越しをお考えの際は、賃料単価も比較した物件選びをしてみてはいかがでしょう。

 

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2015年4月30日 12:00 PM カテゴリー: 不動産投資

Gate. から不動産投資のオススメ情報を受け取る

Gate.メールマガジンに登録すると、 Gate.の査定システムと、エージェントとの両者から評価の高いおすすめの物件や、 Gate. Channelのおすすめ記事が届くほか、今なら巻口成憲先生の著書「不動産投資は出口で決まる」の電子書籍を登録者全員に無料プレゼント!

関連記事