不動産投資分析は何が難しいのか?−効率の重要性について

Stressful teenage girl with messy thought

不動産投資において収益を獲得する重要な要素の一つに投資分析の「効率性」が挙げられます。
それではどこの効率を高めれば良いのか、なぜ効率性を求める必要があるのか。
また、効率性を高めるには一体どうすればよいのでしょうか。

 

不動産の投資分析はどのように行われている?

今後の日本において特に需要増加が見込まれる都市部では不動産物件の数が増え、限定されたエリア内における物件の比較を、これまでより多く行っていかねばなりません。
一方でこれまでほとんどの不動産投資家は物件を見つけて投資するにあたり、自己流の手法で投資分析を行ってきました。
安定した利益を出すためには、自己流ではない投資分析手法の手を借りて効率よく物件の投資分析を行っていく必要があるのです。
とはいえ、人が一人でこなせる物件の投資分析スピードには限界が存在します。
この問題を解決してくれる手法として、今不動産テックが注目を集めています。
Gate. のように、人工知能(AI)などの最先端テクノロジーのサポートを活用した投資を行う不動産投資家が増えています。

スクリーンショット 2016-07-16 15.19.412014年7月以降、人工知能の検索数は爆発的に伸びている

人工知能の持つ投資分析の可能性

なぜ投資分析の手法として、不動産テックに注目が集まっているのでしょうか。
その理由の一つは、オンラインでの不動産投資人口の急増です。
これまで、不動産の業界では現実の店舗において物件紹介から取引まで行われることが一般的でしたが、スマートフォンの普及もあり、今では子どもから老人までインターネットを利用する時代になりました。
不動産の取引においても物件の検索からはじまり、オンライン人口は年々拡大しています。
インターネット上での不動産投資活動が普及すると、当然個人の経済活動の多くがオンライン上にデータとして残るようになります。
分析することのできるデータが圧倒的に増えているのです。
もう一つ理由があります。それは、近年飛躍的に向上しているという技術的背景によるものです。
例えばAIは人間では絶対に追いつくことのできない演算スピードを駆使してビッグデータを分析・学習していきます。
その精度はプロの不動産投資家を凌ぐともされている状況です。
投資家は自分たちで複雑な分析を行わなくとも、AIが分析して提供する結果だけに注力して、効率のよく投資判断を行うことが可能になります。
今後投資の分野においては不動産に限らず、テクノロジーを有効に活用できる投資家と、そうでない投資家との間でより格差は広がっていくと考えられています。

 

効率性の高い不動産投資分析のために

今後はさらに不動産とITとの融合が急速に進んでいくこととなります。
テクノロジーの普及はこれまで不透明だった不動産業界に、効率的でかつ完全に公平で透明性の高い投資の実現を提供していきます。
不動産業界の生産性向上にも貢献する革新的な動きです。
ビッグデータと人工知能を活用して不動産投資に有益な情報を提供する『Gate.』。 リリースしてわずか1ヶ月で早くも、多くの不動産投資家がユーザーとなり、投資分析シミュレーションを用いて投資取引を行っています。さらに、売り主には所有する売却手数料も無料で利用できます。これから不動投資はどのように変わっていくのか、その一端を感じてみてはいかがでしょうか。

 

さいごに

Gate. Channelでは、新時代のイノベーションの一つである不動産テックをテーマに不動産投資セミナーを開催しています。

より収益力の高い物件を、より効率的に見つけるために、最先端の投資分析手法をご紹介しています。
下記URLより、どうぞお気軽にご参加ください。

URL: https://leeways.co.jp/seminar/lp01/

bn_seminar-320_100

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2016年7月19日 6:09 PM カテゴリー: 不動産投資, 投資分析

Gate. から不動産投資のオススメ情報を受け取る

Gate.メールマガジンに登録すると、 Gate.の査定システムと、エージェントとの両者から評価の高いおすすめの物件や、 Gate. Channelのおすすめ記事が届くほか、今なら巻口成憲先生の著書「不動産投資は出口で決まる」の電子書籍を登録者全員に無料プレゼント!

関連記事