【動画】アメリカの不動産ポータルサイト「Trulia」の紹介

第4回目となる今回は、グラフィカルな表示に強みがあるアメリカの不動産ポータルサイト「Trulia」を見ていきます。

Truliaは、ZillowやRedfinと同じ不動産情報検索サイトです。 
Zillowのグループとなってからレイアウト等も変更され、Zillowと同じような画面構成になっています。

ではさっそく画面を見ていきましょう。

Truliaのサイト構成

こちらはTruliaのトップページです。

2

ZillowやRedfinと同じように地名を入れて検索すると物件リストが表示されます。
Truliaは広告掲載型のモデルなので、Zillowと同じようにエージェントを選ぶという形になっています。

Truliaの最大の特徴

Truliaの最大の特徴は、Crime Rate(犯罪率)の表示です。
以下のように犯罪率が一目でわかるよう地図で可視化されている他、個別の物件データを確認する際には近隣でどのような犯罪が起こったのか一つ一つの犯罪データも確認することができます。

4

アメリカの不動産は、学校のレベルと治安で価格が決まるといわれていますので、
こうした犯罪率等の表示は不動産を購入する人にとって非常に重要な判断基準になります。
こうしたデータはTrulia Mapsという一つの地図にまとめられており、犯罪率だけでなく近隣の学校のレベルから物件の購入のしやすさまで、ほしい情報がグラフィカルに見られるようになっています。

グラフィカルな表示という強み

このようなグラフィカルな表示というのは、日本のポータルサイトにはない特徴になっています。最近ではHome’sさんなどが少しずつ取り入れつつありますが、今後はますます日本の不動産ポータルサイトに搭載されていく機能の一つになっていくと考えています。

makiguti

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2017年1月31日 4:41 PM カテゴリー: おすすめ, テクノロジー, 不動産投資, 事例・実践

Gate. から不動産投資のオススメ情報を受け取る

Gate.メールマガジンに登録すると、 Gate.の査定システムと、エージェントとの両者から評価の高いおすすめの物件や、 Gate. Channelのおすすめ記事が届くほか、今なら巻口成憲先生の著書「不動産投資は出口で決まる」の電子書籍を登録者全員に無料プレゼント!

関連記事